雑記

【日記】リニア乗って時速500km体験してきた!飛行機みたいだった!

山梨リニア実験線にて、年4,5回開催される体験乗車会に当選したので日記書きますヾ(*・∀・)/

今回2018年3,4月に開催される体験乗車は、1回で3両分150人、それが1日6回あり8日間開催されるので、今回の体験乗車会では約7200人が乗ることになります。

当選倍率は第1回は125倍で、それから回数や座席が増え最近は20倍程度らしいですが、それでも全然当たりません。2~3年応募し続け、今回ようやく当選することが出来ましたヾ(≧▽≦)ノ
公式より夕方の時間帯が当たりやすいと発表されています。

体験乗車”専用”の駐車場はありませんが、隣の建物であるリニア見学センターの駐車場で止めることができます。無料駐車場140台あるので大丈夫です。

山梨県立リニア見学センター(公式サイト)

体験乗車の前に、リニア見学センターに寄るのをお勧めしますヾ(*・∀・)/
ここでは、実際の走行中のリニアを近くで見ることができ、その速さを体験できます。春休み中なので子供だちがけっこういましたが、混雑というほどではなかったです。

写真撮影は、連写で撮影しシャッタースピード上げないと下のようにブレますw

体験乗車当日のはがきを見せれば、入館料が団体割引されるのでお得です(≧ω≦)b
   

ここからは体験乗車についてです。
集合会場の入り口でセキュリティチェックがあり手荷物検査や金属探知機が行われます。本人確認もあるようですが、今回はなかったです。

最初は大きな会議室で、指定された座席通りに座り説明があります。5分くらいの映像と5分くらいの説明ですぐに乗車に案内されました。慣れているせいか手際がいいですw

リニアの乗車にはホームはなく、廊下のような待合室から飛行機のボーディング・ブリッジみたいにニョキっと伸びて接続されます。飛行機乗ったことないけどねw

外から見るとこんな感じ。

気圧を保つためか車体と密着しています。

車内は一見普通の新幹線みたいだけど、座席は薄く軽量化されており、バスの座席みたいでした。ちょっとせまいかな。床は少し柔らかく窓は小さいです。

リニアは低速時は車輪走行で、高速時に浮上走行に切り替わります。
加速時は150km/hくらいで車輪から浮上走行に切り替わり、振動があったのがスッーと静かになり、浮上感がはっきりと分かりました。まるで飛行機の離陸みたいです。飛行機乗ったことないけどね!

実際に500km/h達したときは、振動は少ないけど、風の音が結構あり隣の人との会話でも少し大きな声でしゃべらないといけないくらいです。
実験線がほとんどトンネルの為、500km/hと分かるのはモニターぐらいですw 窓から景色見えても新幹線の速さと違いはわかりませんw

減速時は130km/hくらいで浮上から車輪走行に切り替わり、飛行機の着陸みたいな振動がありました。
飛行機乗ったことないけどな( ゚д゚)、ペッ

最初は前進で500km/h、後半はバックで500km/h体験しました。合計30分くらいリニアに乗っていました。

乗車後は、窓越しですがリニアを近くで撮影することができましたヾ(*・∀・)/

まだまだ快適とは言えないけど、リニア500km/hというのは貴重な体験でした(≧ω≦)b

トミカ No.125 超電導リニア L0系
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2015-09-19)
売り上げランキング: 10,713

コメント (承認制)

  1. こんなのあるのか。初めて知った
    飛行機乗ったことあるけど、リニア体験してみたいな

  2. 中学の頃乗ったことあるけどとにかく静かだった記憶がある

タイトルとURLをコピーしました