テイルズ

テイルズの富澤Pの2020年に向けての抱負コメント

4Gamer恒例企画,ゲーム業界著名人コメント集。157人が振り返る2019年と,2020年に向けた思い(4Gamer.net)

テイルズ オブ シリーズの富澤Pの2020年に向けての抱負コメントが、上記4亀サイトに掲載されています。

<質問1>2019年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「DEATH STRANDING」
ゲームを考えるとき、テーマとゲーム性を繋ぎ合わせるための苦労が必ず生まれるのですが、デスストでは小島監督のここ数年の来し方、環境までもが作品テーマや小ネタにまでに繋ぎこまれていて、プロモーション込みで感動しました。強烈なイニシアチブとリスペクトが出会い、戦いの果てに生まれ出る稀有なもの。そういった種のクリエイティブをいつか創り出したいと強く思う作品でした。

<質問2>2019年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「王様ランキング」
たまたま電子書籍で出会った作品でしたが、寓話的なステレオタイプと思われていた王宮のキャラクター達が次々と見せていく人間的な側面が異常に魅力的で、虐げられながらも実際は祝福の加護の中でいつの日か王として凱旋するであろう非力な主人公ボッジ王の姿を見守る成長譚としてこれからも楽しみたい人間讃歌。

<質問3>2019年に、個人的に注目した(している)人物

手前味噌ですが、我が社のVRプロデューサーこと玉置 絢君です。
サマーレッスンやエースVRを経て今同じチームで複数のタイトルプロデュースで連携しているのですが、完璧な社内政治ぶりの裏にキレたパーソナリティーが見え隠れするのが見ていて楽しい、新世代のプロデューサーです。
ここへ来て思うところあったのかTwitterを始めた(@OKtamajun)ので是非皆さまフォローしてあげるときっと喜びます。

<質問4>2020年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2019年は「GOD EATER 3」からの「CODE VEIN」と、GEシリーズの流れで複数の作品がリリースされるのを
見守りながらも、自身は「テイルズ オブ アライズ」のE3発表をはじめとしたテイルズチームの船頭もするというかなりのドタバタで過ぎた1年でしたが、他のもその先の仕込みや新たな才能との出会いもあった、駆けずり回った分充実した年でもありました。
2020年はGEシリーズ10周年、テイルズ オブシリーズ25周年という記念すべき年でもあるので、全力でユーザーの皆様と向き合っていければと思っています。

created by Rinker
フロンティアワークス
¥6,600 (2020/09/29 21:10:27時点 Amazon調べ-詳細)

コメント (承認制)

  1. 全力でユーザーと向き合っていきたいならいい加減、後ろ姿だけで長らく放置されてる新キャラの情報くらいだしてくれよ…

  2. ほんとそれな

  3. 次情報あっても下旬の生放送だろうなぁ

タイトルとURLをコピーしました