映画関連

【動画】細田守監督の新作「竜とそばかすの姫」初映像が公開

細田守監督の最新作「竜とそばかすの姫」の初映像が公開されました。あわせてティザービジュアルとストーリーも公開です。

『竜とそばかすの姫』特報【2021年 夏公開】

新しい時代を“生きる”、すべての人へ―
 
『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)、『おおかみこどもの雨と雪』(2012)、『バケモノの子』(2015)、そして、『未来のミライ』(2018)。過去作すべてが日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞し、『未来のミライ』ではアニー賞受賞に米国アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートと、日本のみならず世界中の観客を魅了し続けてきたアニメーション映画監督・細田守。そんな細田守の最新作『竜とそばかすの姫』の公開が、スタジオ地図創立10周年を迎える2021年、夏に決定。
 
物語の主人公は、過疎化が進む高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すず。幼い頃に母を事故で亡くし、心に大きな傷を抱えていたすずはある日、“もうひとつの現実“と呼ばれる超巨大インターネット空間の仮想世界<U>と出会い、「ベル」というアバターで参加することに。心に秘めてきた歌を歌うことによってあっという間に世界に注目される存在になっていくベル(すず)の前に、<U>の世界で恐れられている竜の姿をした謎の存在が現れる—
 
これまで細田監督が『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000)、そして代表作『サマーウォーズ』と、およそ10年に1度描いてきたインターネットの世界を舞台に、『時をかける少女』以来となる10代の女子高生を主人公に迎え、世界の片隅で自分を失ってしまった少女が開く新しい扉、未知との遭遇、そして成長していく姿を、細田監督ならではのリアル×ファンタジーを通じ描き出します。
 
あなたは誰?
お前は誰だ?
 
もうひとりの自分。
もうひとつの現実。
 
すずと竜が出逢った先には一体どんな物語が待っているのか?
 
この夏、細田守が贈る、
渾身の最新作がベールを脱ぐ

サマーウォーズ(´・ω・`)

コメント

  1. 脚本が細田の時点でみんな不安がってて草
    脚本の才能ないのになんで昔みたいに専門家に任せないんだか

タイトルとURLをコピーしました