任天堂関連

Nintendo Switchの国内販売台数が500万台を突破、発売から1年6ヵ月で

Nintendo Switchの国内販売台数が500万台を突破。発売から79週(約1年6ヵ月)での達成に(ファミ通.com)

Nintendo Switchの国内推定累計販売台数が、500万台を突破したことが判明しました。2017年3月3日に発売されて以降、発売から約1年6ヵ月での達成となります。あわせて、Nintendo Switch用ソフトの国内推定累計販売本数TOP5も公開されました。

順位/タイトル名/メーカー/発売日/推定累計販売本数
1位 スプラトゥーン2(任天堂)2017年7月21日発売 262万1928本
2位 スーパーマリオ オデッセイ(任天堂)2017年10月27日発売178万8228本
3位 マリオカート8 デラックス(任天堂)2017年4月28日発売 173万8502本
4位 ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂)2017年3月3日発売 106万5780本
5位 星のカービィ スターアライズ(任天堂)2018年3月16日発売 59万1721本

スプラトゥーン2は半分の人が持っているのかw

コメント (承認制)

  1. 実際購入して触ってみたらこれは売れるって確信したハード
    12月だけで100万台くらい積むだろうから
    二周年で国内700万台近くいきそうですね
    となるとスプラトゥーン国内350万?すごすぎw

    個人的にはオクトパストラベラーが面白い
    世界100万本おめ
    ドット絵でも良いRPGはやっぱ売れるんだね

タイトルとURLをコピーしました