ゲームその他

「白猫プロジェクト」任天堂の訴訟の詳細が判明、ぷにコン操作やスリープ復帰など

任天堂が対コロプラ特許侵害訴訟で使った特許番号が明らかになったので中身を解説します(Yahoo!ニュース)

任天堂がコロプラの「白猫プロジェクト」について、44億円の損害賠償と差し止めを求めて特許侵害を訴えてる件について、全部で5件の特許内容が判明しました。

1つは”ぷにコン操作”、「画面上の任意の場所をタッチする等により原点(基準座標)を設定して、その後にドラッグすることで、ジョイスティック様の動作をさせる」という特許、そして「スリープモードから復帰した時に、いきなりゲーム画面に戻るのではなく、一度確認画面を出して本当に戻ってよいかを確認してからゲーム画面に戻る」という特許が問題になっています。

他3件は上記サイトのリンク先に掲載されていますが、スリープ復帰は他のゲームでもあるんじゃないでしょうか^^;;

スマホ「白猫プロジェクト」任天堂の特許権侵害で訴えられる
任天堂が、コロプラの「白猫プロジェクト」について、特許技術を侵害したなどとして、ゲームの配信差し止めや44億円の損害賠償…

コメント (承認制)

  1. 特許3637031号のカメラのやつ、コナミの最近切れた特許と合わせて、カメラワークを改良する手立ての一つだよね
    こんなの他社のゲーム開発の阻害でしかないのに、こういうのに特許なんているのかなぁ

  2. この記事の書き方だと勘違いするやつ出てくるよ!
    任天堂は別に使うなとは言ってないんだよ
    コロプラが調子にのって勝手に特許取ろうとしたから
    任天堂は注意してたのに聞く耳持たないから裁判する事にしたんだよ

  3. この問題は、コロプラがぷにコン操作の中身の方を「自分が作った」って言い張って再三の忠告を無視したのが根底だと思うから、他アプリやゲームでも黙認してる奴も片っ端から上げてるんでしょ

  4. 世の中には特許訴訟を仕掛けてその収入で生きている「パテントトロール」みたいなクソオブクソの企業がいるためら企業は片っ端から特許を取っておく必要があるらしいですよ。
    任天堂は起源には煩いけど特許保有してる技術の使用については寛容で黙認されてます。
    他の多くの企業みたいに使うだけなら何にも言われなかったのに、ぷにコンで起源主張して特許取ろうとしたから任天堂が怒っただけ。
    いかにも盗っ人猛々しい感じがしてコロプラ嫌いです

  5. コロプラ側が「これは自分が作ったんだから使うなら金払え」って特許ゴロやろうとしてるから任天堂が注意したのにも関わらず聞く耳持たないから裁判沙汰になってるんだよなぁ……
    裁判で訴えてる内容は任天堂側から落とし所も用意するためにいくつか無理やりなこじつけも含まれてるとは思うけど

タイトルとURLをコピーしました