【神回】アニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」第20話『浄化』感想ヾ(*・∀・)/

ドラゴンを浄化しやがったww


脚本:近藤 光/絵コンテ:外崎春雄/演出:野中卓也/作画監督:茂木貴之・佐藤哲人・田中敦士

師であるマルトランがバルトロに囚われ、磔にされたとの知らせを受けたアリーシャは、部下を引き連れてレディレイクの街へと侵入する。「誰も死ぬことは許さない」という強い決意を持って、街を疾走するアリーシャ。バルトロの兵に行く手を阻まれても、ひるむことなく進んでいく。一方、レディレイクの方角へと向かう竜巻を追っていたスレイだったが、竜巻は速度を上げ、追いつくことができずにいた。そしてその頃、磔にされたマルトランは声をかけてきたルナールに、「アリーシャはここには来ない」と微笑みながら告げる。

全員死ぬことは許されないって言った数秒後に弓に撃たれ倒れてるのには吹いたw

ルナールがアリーシャのの支持者ってのには驚いたねw まぁ彼にとってはそっちのほが面白いとか、そういう理由なんだろうけどw

そしてスマン。てっきり俺もアリーシャはマルトラン師匠を救出するのかと思ってたわ。
姫だからこそ、マルトラン師匠救出よりもレディレイク奪還を優先したのか。

ハイランド王をお父様呼びって、アリーシャ本当にお姫様なんだなぁ。

ハイランド王が穢れていて、憑魔化してアリーシャが倒してバルトロの思惑通りって展開考えたけど、まさか盾になって死んじゃうとは・・・。
その後のバルトロがまったく動揺していないのは、最初から殺す計画があったのかな。
ただ、バルトロが剣構えて襲ってきたけど、へっぴり腰だったのは笑えたw

スレイ「ドラゴンの穢れを受け止められる導師がいなかったからだ!」
何そのカッコイイ考えww もうアニメ版のスレイさん大好きです(*ノωノ) イヤン

相手の穢れをすべて受け止める容量が導師にあったら浄化可能って設定なんだね。

スレイ「出来ないんじゃないっ!浄化した誰かが存在しなかっただけ!それを!!俺たちが打ち破る!!!!」
もう惚れたわww
このセリフと同時にエドナが映って、少し拳を握りしめているんだよね!

従士に穢れを分担するってのはわかりやすい設定でいいかな。ロゼの容量が大きいんだろうけど、アリーシャが加わって、3人揃って初めてドラゴン浄化が可能となる。
この展開は熱いね!これこそダブルヒロインだわ!!
BGMもかっこいい(≧ω≦)b 聞いたことあるからゲームのどこかで使われたんだろうな。

ザビーダ「ドラゴンを浄化しやがった、マジかよ・・・」
俺もまったく同じ思ったこと思ったわww

アイゼンも浄化可能フラグ立ったし、エドナの「ありがとう」が心に染みるねぇ(´Д⊂グスン

アイゼンを救う方法を探してくれと前期では思ったけど、まさか実力で可能にするとは予想外だわw
頼む!アイゼンを助けてくれとは言わん。最期だけでもいいからエドナに会わせてくれ!希望だけど、そんなシーンがあったら間違いなく泣くわ。

で、主様って誰だっけ?

もう設定が違いすぎてゲーム版と比較してはいけないんだろうな。きっと世界が違うんだよw 正史世界だよ。
俺はこっちの世界のほうが大好きですけどねw(*´∀`*)w

公式サイト:TVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」公式サイト