アニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」第14話『風の天族デゼル』感想ヾ(*・∀・)/

アニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の第14話『風の天族デゼル』感想です。


脚本:近藤 光/絵コンテ:外崎春雄/演出:宇田明彦/作画監督:小笠原 篤・塩島由佳・新里莉央

ラストンベルの街で、隠し財産を蓄え、口封じに人々を殺めていた司教を暗殺した、ロゼ率いる暗殺ギルド「風の骨」。スレイがロゼの態度に違和感を覚えながらも彼女と朝食を共にしていると、そこに昨晩スレイを訪ね、なりゆきから酔いつぶれてしまったローランス帝国白皇騎士団・団長のセルゲイが失態の詫びに現れる。そんな中、街の聖堂近くで爆発が発生し、地面が陥没するという事件が起こる。聖堂へ向かったスレイたちは、その陥没の原因が穢れだと確信し、浄化をするべく内部へと向かっていく。

夜中に帰ってくるスレイの微妙な顔は気にしてるのかな。

おいww赤面セルゲイww 花束持ってロゼに告白かと思ったよww
どうしてくれる、、、ゲームでの真面目なセルゲイのイメージがどんどん崩れていくんだけど・・・ヽ(゚ρ゚ )ノ
何気にセルゲイって登場シーン多いよなw

新キャラは青嵐騎士団の団長グルードマン?イケメンっすなぁw

ロゼが暗殺に戸惑いを感じてるっぽい?ゲームではブレていなかったけど、アニメだともしかして穢れるパターン?あと、グレンって誰さw?

聖堂の地下には、レディレイクの地下にもあった穢れの坩堝があるのかな?

ローランスに一度もドラゴンが現れていないって言ってたけど、何か理由があった?まったく覚えてないな(*´σー`) ローランスの背後に黒幕がいるとか?

デゼルは一体何と戦ってるんだよ・・・。あの竜巻を止めようとしてるのか?
てっきり竜巻はデゼルが作ったのかと思ったけど、違うよな。あの竜巻はドラゴンじゃないよな?

今回でロゼの神依くると思ってたけど、来ないな。
神依はスレイだけの設定で、ロゼは天族が見える程度で抑えるってのが、いいと思う。

やべぇ!オリジナル展開過ぎて先が読めねぇ!!でも楽しいわヾ(≧▽≦)ノ

エンディングは止め絵が多いけどカッコよすぎだろ!!ただ、曲調的にOPなんだよなw OPはエンディング曲っぽいしw

公式サイト:TVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」公式サイト