アニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」第13話『穢れなき世界』感想ヾ(*・∀・)/

アニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」の第13話『穢れなき世界』の感想です。


脚本:近藤 光/絵コンテ:栖原隆史/演出:栖原隆史/作画監督:内村瞳子・緒方美枝子・鬼澤佳代・秋山幸児・松島 晃

ロゼたち「セキレイの羽」の一行と共に新たな地、ローランスへと向かっていたスレイたち。道中でハーブの取り引きをした際、盗品を売りつけられそうになり、犯人から脅しをかけられるものの、難なく相手を返り討ちにするロゼ。スレイは商人としての仕事をきっちりとこなすロゼに感心しつつ、夜になると穢れのありようを自分なりに認識し、受け止めることができるようになるためライラたちと鍛錬を続けていた。穢れの塊であり、強大な力を持つ「災禍の顕主」に立ち向かう力を得るために――。そしてスレイたちは商業都市ラストンベルに辿り着き、そこで“語り部”メーヴィンと出会う。

昨日公開された告知PVって本編の序盤そのままだったのかーと思ったら、告知PVだったwww 本編始まってねー騙された!!

今回は全体的にオリジナル展開だね。ロゼがちゃんと商人してたり、メーヴィンやセルゲイ登場とか。
ってかセルゲイの酔っ払いわろたww お前そんなキャラだったのかw

ロゼは暗殺者って設定を無くして商人としていくのかな。
と思ったら、最後に持ってきたか。躊躇無く殺すところが、これからのストーリーにどう影響するのか気になるね。特にスレイが。

途中、スレイがドラゴンを浄化する方法探してたのはよかった!忘れてなかったw 本編はまったく探さなかったから、これならラストまでにちゃんと解決してくれそうで楽しみだヾ(≧▽≦)ノ

OPはベルベット登場ってことは、また回想シーンで登場しそうね。アイゼン期待してるぞ!特にアイゼンと幼女エドナの絡みを台詞ありでお願いします!
そしてロゼの神依が無かったのは、登場しない?俺のアリーシャちゃん

一番印象に残ったのは、ロゼが裏の仕事をしに行くときのライラの表情。多分、察しているんだろうけど、その心配的な表情はロゼへなのかな。穢れの心配?さすがに殺される側の人間宛ではないよねw

あと、ミケルの「誰かを裁くことで多くの者が救われるとしても、それは穢れた事になるのだろうか?必要悪を認めた時点で人は穢れるのだろうか?」という台詞も。これはロゼのやってることだよね。ufoはこの答えをどう持っていくのか。。。

公式サイト:TVアニメ「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」公式サイト